キャッシングの種類

カードローンとクレジットカードの違い

利用上のルールはしっかりと守って使いたいキャッシング

カードローンとクレジットカードは、共にキャッシングができるという点では共通していると言えるでしょう。

では、キャッシングをしたいと思ったらどちらを利用すれば良いの?この二つにはどんな違いがあるんだろう?と疑問を抱く人も少なくないですよね。そんな方のため、カードローンとクレジットカードの違いを簡単にですが紹介していきたいと思います。

まず、カードローンの場合には限度額は全てキャッシングに使う事ができます。しかし、クレジットカードに関しては、ショッピングとキャッシングの二つで一つの限度額を共有しているので、キャッシングに特化しているとは言えないでしょう。

また利息に関しても、カードローン方が安いですから、頻繁にキャッシングをするですとか、高額のキャッシングをするといったような場合、クレジットカードよりもカードローンを使った方が良いでしょう。

このように同じ機能のついた二つのカードでも、違いはしっかりとあります。ですからキャッシングを利用したいと思ったら、どちらが良いのかしっかりと考えてみましょう。そうしないと、実際に使ってから後悔をしてしまう事も少なくないとも言えるのです。

カードローンとキャッシングを比べてみる

銀行のカードローンと消費者金融のキャッシングとを単純に比べてみると、一般的に金利はカードローンのほうが低めです。キャッシングは、比較的高めに設定されています。しかし審査の難易度をみると、キャッシングの審査よりもカードローンの審査のほうが厳しい傾向があります。

つまり、銀行カードローンは金利が低くて魅力的ですが、審査が厳しくて申し込んでも通らない確率が高く、消費者金融キャッシングは金利が高めではありますが、その代わり審査には通りやすく、しかも審査自体スピーディーだということです。

どちらにもメリットとデメリットがありますので、あとは利用者が「自分にはどちらが適しているか」を自分で判断するだけです。

ちなみに、もしも短期間だけ借り入れが必要であるのなら、金利が高くても大した負担にはなりません。なぜなら、借りてもすぐ返せば利息の支払いはどっちみち少額だからです。そんな時は、キャッシングでサッと借り入れるのが便利です。

逆に返済が長期間に及びそうな借り入れの場合であれば、少しでも金利の負担を軽減するために、カードローンを利用したほうが経済的です。ただし審査は少し厳しめになりますので、属性の低い利用者の場合は審査には要注意です。